古銭買い取り業者徹底比較!

関西国際空港開港記念硬貨の価値と買取価格と概要

  1. 関西国際空港開港記念硬貨の価値と買い取り価格
記念硬貨買い取りにおけるおすすめの買取業者を紹介します。

関西国際空港開港記念硬貨の価値と概要

関西国際空港開港記念硬貨

関西国際空港開港記念硬貨は、1994年に関西国際空港が開港されたことを記念して発行された500円記念硬貨です。
記念硬貨の発行は開港と同年の1994年(平成6年)で、量目は7.2g、大きさは26.5mmとなっています。 素材は銅が750に対してニッケルが250の白銅貨で、こちらの記念硬貨は別名「関西空港記念500円白銅貨」と呼ばれることもあります。

関西空港の開港記念ですので、図柄も表面には飛行機が採用されており、裏面には関西がズームアップされた日本地図とリボンがデザインされ、"関西国際空港開港"と発行年である平成6年の銘が印字されています。
発行数は2000万枚と従来と比較すればやや少なめではありますが、それでも当時の国民の5~6人に1枚は行き渡る計算ですので、それほど希少性が高いわけではありません。 「関西空港記念500円白銅貨」の価値は1500円前後ですが、買取価格にすると完全未使用品でおよそ600円~700円程が相場となります。
あまり高値で買い取りされない記念硬貨の類ではありますが、銀行で両替すると額面通りの500円にしかなりませんので、もし関西国際空港開港記念硬貨を少しでも高く売りたいのであれば買い取り実績のある記念硬貨や古銭買い取り店に相談してみると良いでしょう。

同じく空港の開港を祝って発行された記念硬貨に、平成17年に発行された「中部国際空港開港記念硬貨(500円)」がありますが、こちらは非常に価値が高くなっています。 どうしてかというと発行数も5万枚と少なく、かつ素材に銀が使用されているからです。 地銀の価値が額面を上回っているため高価買取に繋がりやすく、こちらは一枚当たり1000円くらいの買い取り価格になります。

記念硬貨の価値を簡単かつ正確に知る方法

メール査定がおすすめ

このページでは説明するのはあくまでも記念硬貨の目安の価値と買い取り価格ですので、先に記念硬貨の価値を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に記念硬貨を査定してもらえます。

記念硬貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに価値が明らかになります。

そして、記念硬貨は状態によって価値が変動しますので、メール査定は状態も考慮した記念硬貨の正確な価値を知る為にこの上ない程の最善の方法です!
特に、価値の高い記念硬貨をお持ちであれば、こちらのメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。 そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください♪

記念硬貨をメール査定してもらうのにお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください

査定におすすめの業者はトップページをご参考にしてください。

メールでの査定方法はこちらを参考にしてください。

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者の買取プレミアムはこちら
ページ上部へスクロール