古銭買い取り業者徹底比較!

日本国際博覧会記念硬貨(愛知万博)の買取相場と概要とは?

記念硬貨買い取りにおけるおすすめの買取業者を紹介します。

日本国際博覧会記念硬貨(愛知万博)の価値と概要

日本国際博覧会記念硬貨(愛知万博)

日本国際博覧会記念硬貨とは愛知万博(愛地球博)の開催を記念して発行された記念硬貨で、愛知万博1万円金貨、1000円銀貨、500円黄銅貨の3種類が発行されました。 こちらでは日本国際博覧会記念1万円金貨、1000円銀貨、500円黄銅貨の順に概要や買取価格、詳細情報等を紹介していきます。

2005年日本国際博覧会記念1万円金貨は造幣局から発行された1万円金貨で、素材にはK24が使用されています。 直径が26mm、量目は15.6gで、図柄の表には地球と自然、生命の様子が描かれており、裏面には博覧会のシンボルマークと、5本のストライプで大地を表したデザインが描かれています。 表面に描かれている動物は「コノハズク」で、愛知県の県鳥のため記念金貨にも採用されました。
「愛知万博1万円金貨」の現在の価値は額面以上の8万円前後と非常に価値があり、買取価格は6万前後が相場になるでしょう。 けれどもK24製の金貨のため買取当日の金相場にも買取価格は左右され、金の買取相場-数百円×重量が大体の目安となります。

日本国際博覧会記念1000円銀貨には地球と若木、もう片面には金貨と同じくシンボルマークと大地のデザインが描かれており、素材は銀1000が使用されています。 直径は40mm、量目は31.1gと金貨よりも大きめのサイズとなっており、博覧会開催の前年の平成16年に造幣局より発行されました。
愛知万博1000円銀貨も額面よりも高い価値を持つ記念硬貨で、価値は4000円前後、買取価格となると2000円前後が相場になります。 こちらも銀素材のため銀相場によって買取価格が上下しますので、銀の買取相場-数百円×重量で大体の買取価格を算出してみて下さい。

日本国際博覧会記念500円硬貨は素材にニッケル黄銅が使用され、824万が発行されました。 素材の内訳は銅が72%、亜鉛20%、ニッケル8%で、表面には地球と世界地図が描かれており、裏面は金貨・銀貨と同じくシンボルマークと大地のデザインが描かれています。 直径は26.5mm、量目は7gで、平成17年2月14日から金融機関窓口にて両替方式で配られました。
愛知万博500円黄銅貨の価値は、新品未使用状態でおよそ1200円前後、買取価格は600円前後くらいになります。 けれども並品となれば価値・買取価格ともに500円程度に納まってしまいますが、上記の金貨や銀貨とセットであれば買い取りしてくれる記念硬貨買取店もあります。 少しでも高く日本国際博覧会記念500円硬貨を売りたい場合は、こちらの記念硬貨の買取実績がある業者に事前に問い合わせておくことをおすすめします。

2005年日本国際博覧会は2005年3月25日から9月25日まで愛知県で開催された博覧会で、中部国際空港や名古屋瀬戸道路など交通インフラが大きく整ったきっかけにもなりました。 自然の叡智をテーマとして開かれた愛知万博は121カ国、4つの国際機関が参加した大規模なものとなり、来場者も計2200万人が訪れ、大変に賑わった博覧会として終了しました。

記念硬貨の価値を簡単かつ正確に知る方法

メール査定がおすすめ

このページでは説明するのはあくまでも記念硬貨の目安の価値と買い取り価格ですので、先に記念硬貨の価値を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に記念硬貨を査定してもらえます。

記念硬貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに価値が明らかになります。

そして、記念硬貨は状態によって価値が変動しますので、メール査定は状態も考慮した記念硬貨の正確な価値を知る為にこの上ない程の最善の方法です!
特に、価値の高い記念硬貨をお持ちであれば、こちらのメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。 そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください♪

記念硬貨をメール査定してもらうのにお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください

査定におすすめの業者はトップページをご参考にしてください。

メールでの査定方法はこちらを参考にしてください。

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者のスピード買取はこちら
ページ上部へスクロール