古銭買い取り業者徹底比較!

新20円金貨の価値と買い取り価格と概要

  1. 新20円金貨の価値と買い取り価格
金貨買い取りにおけるおすすめの買取業者を紹介します。

新20円金貨の価値と概要

新20円金貨
新20円金貨とは明治時代から昭和初期にかけて日本国内で発行されていた金貨で、明治30年に施行された貨幣法により金平価が半減したことから新たに考案・発行された「新金貨」のうち一枚です。
新金貨はこの新20円金貨の他、新5円金貨、新10円金貨が発行されており、貨幣法の実施によって円の金に対する価値が従来の半分ほどとなりました。

新20円金貨の図柄は新5円金貨・新10円金貨と同一で、表には菊の紋章、裏面には日章図と八稜鏡が採用されています。
量目は16.6667g、品位は金900の銅100で21.6金相当にあたり、金としての純度はそれほど高くないものの古銭的な価値を有しているために、金貨買い取りにおいても高額で売ることが出来るのです。

海外の金貨といえば「資産」として保有するのが一般的ですが、日本の古い金貨においては金の価値だけでなく、古銭としての歴史的価値も加味されています。
そのため金資産としてやり取りするのではなく、骨董品や美術品と同じように扱われることが殆どです。
何故かというと昔の日本の金貨は既に半分以上が国外や流出し地金に換えられていますので、残存数が非常に少ないのです。
しかし「財務省放出金貨」が世に出回り流通量が増えましたので、発行数の少ない特年のもの以外は全体的に相場が下がりつつあります。
金資産としての金貨・古銭の金貨との違いは、このように希少価値によって相場が簡単に上下してしまう点も挙げられます。

新20円金貨は50895491枚発行されていおり、新金貨の中では圧倒的に多く発行されています。
発行枚数が圧倒的に多い為、他の新金貨と比べると量目が多いにも関わらず価値は若干劣り、古銭買取業者の買い取り価格はおよそ7~8万円前後が相場になります。

しかし「特年」の新20円金貨であれば価値がかなり高くなり、金貨の買い取りでも高い買い取り額がつきます。
新20円金貨の特年は昭和7年のものが有名ですがかなり希少で、市場に出回っているというデータは今のところありません。
どうして昭和7年のものが希少価値がそんなに高いのかというと、新20円金貨の発行時期は明治30年から昭和7年にかけてなのですが、昭和7年になってすぐ新20円金貨の発行が停止されたため、僅か20日間しか鋳造されていないのです。
取引や買い取りの前例があまりないためその価値は天井知らずで、もし新20円金貨で明治7年銘のものを持っているのであれば、是非とも鑑定や査定を受けることをお勧めします。

古銭や金貨は種類や発行年によって価値が上下するのはもちろんですが、観賞品として高い価値を持つ日本の金貨などは、その状態によっても価値や買取価格は変化します。
目安としてですが量目の重さから考えるに、5万円を下回る査定ならば金相場での買い取りを考える方が良いと思います。
新金貨の純金の量は旧金貨の丁度半分で設定されているため、新・旧で比較するのであれば旧金貨の方が金としての価値は高いといえます。

金貨の価値を簡単かつ正確に知る方法

メール査定がおすすめ

このページでは説明するのはあくまでも金貨の目安の価値と買い取り価格ですので、先に金貨の価値を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に金貨を査定してもらえます。

金貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに価値が明らかになります。

そして、金貨は状態によって価値が変動しますので、メール査定は状態も考慮した金貨の正確な価値を知る為にこの上ない程の最善の方法です!
特に、価値の高い金貨をお持ちであれば、こちらのメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。 そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください♪

金貨をメール査定してもらうのにお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください

査定におすすめの業者はトップページをご参考にしてください。

メールでの査定方法はこちらを参考にしてください。

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者の買取プレミアムはこちら
ページ上部へスクロール