古銭買い取り業者徹底比較!

新10円金貨の価値と買い取り価格と概要

  1. 新10円金貨の価値と買い取り価格
金貨買い取りにおけるおすすめの買取業者を紹介します。

新10円金貨の価値と概要

新10円金貨
新10円金貨とは明治30年から明治43年にかけて日本で発行されていた金貨で、明治30年に施行された貨幣法により金平価が半減したことから新たに考案・発行された「新金貨」のうち一枚です。
新金貨はこの新10円金貨の他、新10円金貨、新20円金貨が発行されており、貨幣法の実施によって円の金に対する価値が従来の半分ほどとなりました。

新10円金貨の量目は8.333gと、新10円金貨のおよそ倍くらいの量目となっています。
図柄は新10円金貨・新20円金貨と同一で、表には菊の紋章、裏面には日章図と八稜鏡が採用されています。
品位は金900の銅100で21.6金相当にあたり、金としての純度はそれほど高くないものの古銭的な価値を有しているために、金貨買い取りにおいても高額で売ることが出来るのです。

新10円金貨は新10円金貨よりも発行期間は短いですが、トータルでの発行枚数は約16倍である20295500枚が発行されています。
発行枚数が多いという事もあるため、新10円金貨より量目が多いにも関わらずその価値は新10円金貨と同じくらいに収まっているのです。
古銭買い取り業者による買い取り価格の相場も、大体10万円前後が目安となります。

しかしどの古銭や金貨にもいえることですが、「特年」のものとなると希少価値は急上昇し、平均の何倍もの買い取り価格がつく場合もあります。
新10円金貨の特年は明治43年のものであり、この年になると8982枚しか発行されていないのです。
最も発行が盛んであった明治31年の発行枚数が3,176,134枚ですから、明治43年の新10円金貨はいかに希少性が高いかを窺うことが出来るかと思います。
明治43年の新10円金貨であれば滅多に市場に出回らないために価値の誤差が大きいのですが、極美品のカタログ価格で約250万円の価値となっているため、金貨買取においても非常に高額で売ることの出来る貴重な一枚です。

金貨の価値を簡単かつ正確に知る方法

メール査定がおすすめ

このページでは説明するのはあくまでも金貨の目安の価値と買い取り価格ですので、先に金貨の価値を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に金貨を査定してもらえます。

金貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに価値が明らかになります。

そして、金貨は状態によって価値が変動しますので、メール査定は状態も考慮した金貨の正確な価値を知る為にこの上ない程の最善の方法です!
特に、価値の高い金貨をお持ちであれば、こちらのメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。 そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください♪

金貨をメール査定してもらうのにお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください

査定におすすめの業者はトップページをご参考にしてください。

メールでの査定方法はこちらを参考にしてください。

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者の買取プレミアムはこちら
ページ上部へスクロール