古銭買い取り業者徹底比較!

旧2圓金貨の価値と買取価格と概要

  1. 旧2圓金貨の価値と買い取り価格
金貨買い取りにおけるおすすめの買取業者を紹介します。

旧2圓金貨の価値と概要

旧2圓金貨
旧二圓金貨とは日本で明治時代の初期に発行されていた金貨で、旧一圓金貨同様に二種類のサイズが存在します。
どちらも明治初期に発行されていますが大型は明治3年~6年の前期、そして明治5年の11月に図案が変更され、その後に流通した小型は明治8年から13年にかけての後期に発行されています。
大型・小型とありますが量目はどちらも同一で3.3333gとなり、ちょうど旧一圓金貨の倍程度になります。
品位は金が900、銅100の割合で21.6金相当となり、中身は旧一圓金貨と同等になっています。

年数(銘)や状態によって旧二圓金貨の価値は様々ですが、古銭買い取り業者でも状態の良い旧二圓金貨なら買い取り価格は10万円以上もの高額を見込むことが出来ます。
状態が悪ければもう少し安くなりますが、それでも旧一圓金貨の倍以上の価値となるプレミア古銭といえるでしょう。

旧二圓金貨の価値も発行年数によって細分化されており、買取価格もそれぞれによって大幅に異なるため、上記の目安よりも高く売ることの出来る種類も存在しています。
旧二圓金貨は合計で883,293枚が発行されていますがそのうちの殆どが明治3年のものであり、その他の年数は僅か数十枚、多くても数百枚しか発行されていないのです。
あまりに希少性が高いがゆえに売買された事例がほとんどなく、明治3年以外の旧二圓金貨の価値は未知数となります。
明治3年以外に発行されたものは明治7年、明治9年、明治10年、明治13年、そして明治25年がありますが、ひとつの例としていうと2011年にオークションで取引された明治13年の旧二円金貨はなんと約2000万円もの価格がついています。

そして旧二圓金貨は通常のものだけでなくプルーフ金貨も存在していますが、こちらもかなりの高価格で買取される古銭となります。
カタログ価格は114万円となっていますが出回る事例がそれほどないために、実際の買取価格や取引価格はカタログ価値とは大幅に異なる場合もあります。

金貨の価値を簡単かつ正確に知る方法

メール査定がおすすめ

このページでは説明するのはあくまでも金貨の目安の価値と買い取り価格ですので、先に金貨の価値を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に金貨を査定してもらえます。

金貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに価値が明らかになります。

そして、金貨は状態によって価値が変動しますので、メール査定は状態も考慮した金貨の正確な価値を知る為にこの上ない程の最善の方法です!
特に、価値の高い金貨をお持ちであれば、こちらのメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。 そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください♪

金貨をメール査定してもらうのにお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください

査定におすすめの業者はトップページをご参考にしてください。

メールでの査定方法はこちらを参考にしてください。

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者の買取プレミアムはこちら
ページ上部へスクロール