古銭買い取り業者徹底比較!

旧1圓金貨の価値と買取価格と概要

  1. 旧1圓金貨の価値と買い取り価格
金貨買い取りにおけるおすすめの買取業者を紹介します。

旧1圓金貨の価値と概要

旧1圓金貨
旧1圓金貨とは日本で発行されていた金貨のことで、明治時代初期に発行されており2種類のサイズが存在しています。
どちらも明治初期に発行されており大型が明治4~6年、小型が明治7年~13年にかけて流通していましたが、量目は1.6667gとどちらも同一になります。

ちょうど日本の貨幣制度が江戸の「両」から明治の「円」に移行した時代に発行された金貨であり、1円金貨の他にも2円や5円、そして10円や20円金貨といった計5種類が発行されました。
当時の1円の貨幣価値はちょうど1両にあたり、時代の推移の分岐点となる歴史的知名度の高い金貨となっています。

品位は金900,銅100の割合で21.6金相当となり金としての純度はそれほど高くありませんが、 日本の金貨は基本的に古ければ高い価値があり、旧1圓金貨も小さい量目の割に高く取引されており高い価値が見込めます。
古銭買取業者での買い取り価格も一枚あたり2~3万円以上は期待できるものとなり、臨時収入としては十分な買取額を手にすることが可能となっています。

しかし旧1圓金貨は発行年数ごとに価値が細分化されており、上記の目安よりも高く売ることの出来る種類も存在します。
明治4年に発行された旧1圓金貨の発行枚数は200万枚で希少価値がそれほど高くなく、買取価格も上に記述した通りの2~3万円に落ち着きます。
しかし明治7年以降に発行された旧1圓金貨は希少性が非常に高く、明治7年では約10万枚、明治13年にもなると僅か112枚しか発行されていません。
鑑定済みのものの古銭カタログ価格も非常に高額なものとなり、明治9年の旧1圓金貨は170万円で取引された記録も残されています。

旧1圓金貨はプルーフが存在しているという説もありますが、あまりに希少性が高いため市場で取引された事例もそれほど残っておらず、価値は未知数となります。
例としては明治13年のプルーフ旧1圓金貨がアメリカで1250万円もの高値で売買が成立した事例があるのみで、市場に出回った例も滅多にありません。

発行年数に伴う図柄の違いとしては、前期は表面に印字している「一」の文字が圓と右に揃っており、後期は「一」の文字が圓よりも右に突き出ていることが特徴です。
全体的な発行枚数としては大型ものが約190万枚、小型のものが約12万枚と、後期に発行された小型の旧1圓金貨の方が希少価値が高い傾向にあります。
特に明治7年以降に発行された旧1圓金貨であれば高値で売れる可能性がぐっと高まりますので、もし旧1圓金貨の買取を検討しているのであれば発行年数を確認してみると良いでしょう。

金貨の価値を簡単かつ正確に知る方法

メール査定がおすすめ

このページでは説明するのはあくまでも金貨の目安の価値と買い取り価格ですので、先に金貨の価値を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に金貨を査定してもらえます。

金貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに価値が明らかになります。

そして、金貨は状態によって価値が変動しますので、メール査定は状態も考慮した金貨の正確な価値を知る為にこの上ない程の最善の方法です!
特に、価値の高い金貨をお持ちであれば、こちらのメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。 そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください♪

金貨をメール査定してもらうのにお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください

査定におすすめの業者はトップページをご参考にしてください。

メールでの査定方法はこちらを参考にしてください。

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者の買取プレミアムはこちら
ページ上部へスクロール