古銭買い取り業者徹底比較!

旧10圓金貨の価値と買取価格と概要

  1. 旧10圓金貨の価値と買い取り価格
金貨買い取りにおけるおすすめの買取業者を紹介します。

旧10圓金貨の価値と概要

旧10圓金貨
旧十圓金貨とは日本で明治時代に流通していた金貨であり、種類は大型と小型の二種類に分けられます。
どちらも明治の初期に発行されており、大型のものは明治4~6年、小型は明治9年から13年にかけて鋳造されています。
旧十圓金貨の量目は大型・小型ともに16.6667gと同一ですが、大きさが少々異なり、明治9年に改版された小型のものは従来の大型よりも0.1mmほど小さくなっています。
図柄は加納夏雄がデザインを行った天皇を象徴する龍図、そして裏面には旭日に錦の御旗が描かれています。
品位は金が900、銅が100と21.6金相当にあたり、金貨としての純度はそれほど高くないものの古銭的な価値を持っているため、金貨買い取りにおいても非常に高額で売ることが出来るのです。

旧10円金貨はちょうど日本の貨幣制度が江戸の「両」から明治の「円」に移行した時代に発行された金貨であり、10円金貨の他にも1円や2円、そして5円や20円金貨といった計5種類が発行されました。
当時の貨幣価値はちょうど1両が1円となり、時代の推移の分岐点となる歴史的知名度の高い金貨となっています。
この時期に発行された金貨でも、旧十圓金貨は価値が最も高いと言えます。
完全未使用品の希少なタイプの旧十圓金貨は100万円を超える金額で取引される事例もありますが、 古銭買い取り業者による旧十圓金貨の買い取り価格は現実的に考えると、状態がよければ20万円~40万円位です。

旧十圓金貨は上記の発行年数の他に、明治25年発行のものも存在します。
どうして製造時期とかけ離れた明治25年に発行されたのかというと、日本国内で流通させるためではなく、シカゴ博覧会用に製作されたものだからです。
市場に出回っている旧十円金貨はほとんどが明治4年銘のものですので、明治4年銘以外の旧10円金貨となると希少価値が跳ね上がり、約800万円を越える金額で取引されることもあります。

金貨の価値を簡単かつ正確に知る方法

メール査定がおすすめ

このページでは説明するのはあくまでも金貨の目安の価値と買い取り価格ですので、先に金貨の価値を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に金貨を査定してもらえます。

金貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに価値が明らかになります。

そして、金貨は状態によって価値が変動しますので、メール査定は状態も考慮した金貨の正確な価値を知る為にこの上ない程の最善の方法です!
特に、価値の高い金貨をお持ちであれば、こちらのメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。 そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください♪

金貨をメール査定してもらうのにお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください

査定におすすめの業者はトップページをご参考にしてください。

メールでの査定方法はこちらを参考にしてください。

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者の買取プレミアムはこちら
ページ上部へスクロール