古銭買い取り業者徹底比較!

新旧500円硬貨の買取相場や違いについて

新旧500円玉の価値と買い取り価格、概要を紹介します!

500円玉には新旧の2種類あります

古銭の価値に悩む女性

500円玉には「新500円玉」と「旧500円玉」の2種類あります。(記念硬貨を含めると500円玉はもっと種類が増えますが、ここでは一般流通硬貨の500円玉に絞って紹介します)

500円玉は2000円札が発行された2000年に新500円玉が発行され、この時を境に新旧500円玉の流通が切り替わっていきます。思い返してみれば、2000年前半までは見かけていた旧500円玉を最近は見かける機会がかなり少なくなってきていませんか?

昭和や平成初期に生まれた方にとっては信じられないかもしれませんが、旧500円玉を見てそれが使用できるお金かどうかも分からない世代もいますので、このページでは新旧500円玉の買取相場や違いについてご紹介します。

まずは新旧500円玉の概要を比べて見ましょう

まず、新500円玉と旧500円玉の概要をまとめましたので、そちらを比べて見て見ましょう。

新500円硬貨の買取相場や概要

新500円玉
発行年度:2000年(平成12年)~発行中
素材:ニッケル黄銅(銅:72%、亜鉛:20%、ニッケル:8%)
量目・サイズ:7.0g、直径26.5mm
一般的には「新500円玉」と呼ばれますが、正式名称として「五百円ニッケル黄銅貨」と呼ばれます。表面は桐の図、裏面には500・竹・橘の図が描かれており、旧500円玉とデザインは同じですが、素材が異なり色見がやや金色がかった黄銅色となっています。新500円硬貨の買取相場ですが、現在も発行・流通しているので買取は当然断られます。

旧500円硬貨の買取相場や概要

旧500円玉
発行年度:1982年(昭和57年)~1999年(平成11年)
素材:白銅(銅:75%、ニッケル:25%)
量目・サイズ:7.2g、直径26.5mm
一般的には「旧500円玉」と呼ばれ、正式名称として「五百円白銅貨」と呼ばれます。図柄やサイズは新旧500円共に同じですが、素材が異なる事で新500円玉より多少重く、色も銀色です。旧500円硬貨の買取相場ですが、現在は発行されていませんが十分な量が流通しているのでほとんどは額面通りの価値で、一部例外を除いて買取は断られます。

新旧500円硬貨でも額面より高く売れる場合がある?

新旧500円玉

まず、新旧500円硬貨共に【エラー銭(エラー硬貨)】であればかなり高額な買取相場が期待できます。そして、500円玉であれば可能性のあるエラーは以下の種類が挙げられます。

  • 1:影打ち硬貨・・・刻印された硬貨に別の硬貨が重なってもう一度プレスされた硬貨、両面が同じ刻印になってしまう特徴がある

  • 2:角度ズレ硬貨・・・印刷の位置が悪く、角度が大きくズレてしまった硬貨

  • 3:印刷ズレ硬貨・・・印刷プレスがズレてしまい表面の図が大きくズレた硬貨

  • 4:ヘゲエラー硬貨・・・表面が紙を折ったようにめくれているエラー硬貨

  • 5:くぼみ・へこみ硬貨・・・製造する過程で硬貨の表面にへこみやくぼみができた硬貨

これらのエラー硬貨の買取相場はすべてエラーの度合いで変わってきます。例えば「印刷ズレ」のエラーに関しても「多少のズレ」と「大きなズレ」では100万円以上も買取相場は異なってきます。ですので、エラー銭を見つけた際に正しい買取相場・買取価格が知りたければ、古銭買取業者に査定依頼をするのが一番確実です。

さて、エラーでもない500円硬貨の買取相場についてを紹介します。
まず、新500円硬貨の買取相場ですが、前述にもあるように買取相場が500円を超えることはまずないので、買取自体断られると考えて構いません。

一方で、旧500円硬貨の買取相場ですがこちらも前述にある通り、新500円硬貨と同様にほとんどが買取を断られるような買取相場ですが「昭和62年」と「昭和64年」に発行された旧500円硬貨は発行枚数が比較的少なかった事から、プルーフか完未品であれば1000円くらいの買取相場が見込めるでしょう。

ですが、そのような「エラー硬貨」や「完未品状態」といった500円硬貨はそうそう見つかるわけではありませんので、500円硬貨は新旧問わず買取は断られると考えてよいでしょう。

誰でもできる!一分で新旧500円玉の価値を調べる方法

メール査定がおすすめ

方法は至極単純かつ簡単です
業者にメール査定を依頼するだけ
これだけで専門家に新旧500円玉を査定してもらえます。

新旧500円玉は写真があればほぼ確実な査定が可能です。
ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、簡単にあなたの新旧500円玉の価値が明らかになります。

更に、このメールで査定は悪徳業者を見抜く為にも重要な事でもあり、古銭においては買取価格も分かるので買取依頼をしようとしている方にとっては正に一石二鳥の方法です。
新旧500円玉の正確な価値が知りたい方はネットで調べるよりもメール査定がおすすめです!

査定におすすめの業者はトップページをご参考にしてください。

メールでの査定方法はこちらを参考にしてください。

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者のスピード買取はこちら
ページ上部へスクロール