古銭買い取り業者徹底比較!

穴銭の価値と概要を紹介します。
また、穴銭の買い取りをお考えの際にも参考にしてください!

  1. 古銭買い取り比較トップ
  2. 穴銭の価値とおすすめ買い取り業者
穴銭の価値と概要、おすすめ買い取り業者を紹介します!

穴銭の価値と買い取り価格はいくらくらい?

古銭の価値に悩む女性

穴銭とは「五円玉」のように穴のあいた貨幣の事で、有名なもので言えば【寛永通宝】や【和同開珎】があります。
これらの穴銭は基本的に買い取り可能なレベルで価値があります。

このページでは各穴銭の価値や買取価格についても説明します。
ですが、一つ注意していただきたい事があります。
買い取り価格に関しては明確な金額は説明しずらいという事です

理由は、各穴銭の取引価格(価値)の相場は大体検討が付きますが、古銭買い取り業者の提示する買い取り価格は業者によって(特に古銭は)幅があります。
つまり、ここで説明する取引価格(価値)の相場=買い取り価格ではないという事です。
ですが、安心して下さい。
穴銭の買い取り価格を簡単に知る方法はあります!
ですので、まずはそちらの方法から簡単に説明します。


穴銭の価値を簡単に知る方法

メール査定がおすすめ

穴銭の価値を知る方法は至極簡単です
業者にメール査定を依頼するだけ
これだけで専門家に穴銭を査定してもらえます。

穴銭を含む古銭は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに価値が明らかになります。

素人には穴銭の種類を見分ける事すらも困難ですし、穴銭は状態によってかなり買い取り価格が変動するので、 メール査定は価値を知る為にこの上ない程の最善の手段なのです!
そして、メール査定をしても、買取は簡単に断れますのでご安心ください♪

ですが、穴銭の取り扱いには注意があります。
汚れた状態で見つかった穴銭を少しでも綺麗に見せようと無理に洗ってはいけません!
下手に洗うと逆に傷が酷くなったりしますので、実際に細かく査定をする時に大きく価値が下がる事になりかねませので、見つけた状態で画像を送って査定をしてもらった方がいいです。

穴銭をメール査定してもらうのにお勧めの業者は次のページを参考にしてください

査定におすすめの業者はトップページをご参考にしてください。

メールでの査定方法はこちらを参考にしてください。

穴銭の価値について

では、穴銭の価値と基本的な情報について説明していきます
まず、このページで説明する穴銭の一覧は次の通りです。

皇朝十二銭

上記の穴銭リンクをクリックするとスクロールします。
※このページ説明している穴銭の取引価格はあくまでも目安に思ってください。
買い取り業者の買い取り価格とは大きく異なりますので、 正確な買い取り価格が知りたい場合は古銭の価値の調べ方を参考にしてください。

穴銭の価値と買い取り価格を紹介

寛永通宝の価値と買い取り価格

寛永通宝
鋳造~通用期間:1636年~1866年(寛永13年~慶応2年の約230年)
古銭としての価値:ぼちぼち~非常に高い
素材:銅/鉄/真鍮など(時代によって異なる)
寛永通宝は最もメジャーな穴銭の一つですが、価値や詳細に関しては非常に複雑です。 特に価値の高くない寛永通宝は1000円程で取引されますが、文字の跳ね具合等で細かく種類を分類すると数百種類にもなると言われ、 価値が100万以上の寛永通宝も存在します。 寛永通宝の買い取り価格や価値に関しては業者に問い合わせる事をお勧めします。

天保通宝の価値と買い取り価格

天保通宝
鋳造~通用期間:1835年~1891年(天保6年~明治24年の56年間)
古銭としての価値:ぼちぼち~高い
素材:銅78%、鉛12%、錫10%
別名【天保銭】とも呼ばれ、主に文字で【本座長郭】【本座細郭】【本座中郭】【本座広郭】4種類に判別でき、 いつの時代の天保通宝かが判断できます。取引価格は子銭(通用銭)で2000円~3000円程度ですが、母銭(型銭)は60000円になります。 天保通宝も買い取り価格を正確に知る意味でも、古銭買い取り業者に問い合わせる事をおすすめします。

※母銭は一般的に流通する貨幣を作る為の元となる型の事で、母銭より型どって作った銭を子銭と言い、子銭と母銭は見分ける事も可能ですが、 素人であれば間違えるリスクもあるので、買い取り業者や専門家に聞く事が大切です。

琉球通宝當百の価値と買い取り価格

琉球通宝當百
鋳造~通用期間:1862年~幕末頃?(文久2年~幕末頃?)
古銭としての価値:まぁまぁ高い
素材:鉛が多いと推測される(厳密には不明)
琉球通宝にはもう一種類、琉球通宝半朱がありますが、形が全然違いますので見分ける事は容易です。 取引価値が両者で異なり、琉球通宝當百は15000円前後の価値があると言われています。
古銭買い取り業者も買い取りを行っている古銭ですが、状態により買い取り価格はかなり上下します。

琉球通宝半朱の価値と買い取り価格

琉球通宝半朱
鋳造~通用期間:1862年~幕末頃?(文久2年~幕末頃?)
古銭としての価値:まぁまぁ高い
素材:鉛が多いと推測される(厳密には不明)
琉球通宝のもう一種類、琉球通宝當百とは価値が異なりますので、間違えないようにしましょう。 形が全然違いますので見分ける事は素人でも容易です。 琉球通宝半朱は20000円位の価値で取引されています。
古銭買い取り業者による買い取り価格は、大体上記の7割程度ですが、状態にもよるので問い合わせにて確認をおすすめします。

金円世宝の価値と買い取り価格

金円世宝
鋳造~通用期間:1470年頃~
古銭としての価値:まぁまぁ高い
素材:銅
金円世宝は琉球王国において発行された銭貨の一つです。
上記の琉球通宝は薩摩藩が鋳造した銭貨で別物です。
表面に【金圓世寶】と刻印があるので見分ける事は容易です。
取引価格は30000円ほどで取引される為、琉球王国銭貨の中では価値が高く古銭買い取り業者での買取価格も期待できます。

大世通宝の価値と買い取り価格

大世通宝
鋳造期間:1321年~1395年
古銭としての価値:ぼちぼち
素材:銅
大世通宝は琉球王国において発行された銭貨の一つです。
表面に【大世通寶】と刻印があるので見分ける事は容易です。
価値は8000円前後で取引されますが、鐚銭の一種なのでそこまで状態に左右されないので古銭買い取り業者にも買取してもらいやすく、複数で見つかれば買取価格も期待できます。

世高通宝の価値と買い取り価格

世高通宝
鋳造期間:1441年~1469年
古銭としての価値:ぼちぼち
素材:銅
大世通宝は琉球王国において発行された銭貨の一つです。
上下左右に【世高通寶】と刻印があるので見分ける事は容易です。
価値は8000円前後と上記の【大世通寶】と似ており、こちらもそれほど状態に左右されないので古銭買い取り業者にも買取してもらいやすく、複数で見つかれば買取価格も期待できます。

秋田鍔銭の価値と買い取り価格

秋田鍔銭
鋳造期間:1863年~1867年(文久3年~慶應3年)
古銭としての価値:高い
素材:銅銭
鍔を模している事から【鍔銭】と呼ばれ、【八卦銭】とも呼ばれます。
秋田鍔銭の価値は【長尾】【中尾】【短尾】の三種類に分類でき、長尾と短尾の取引価値は25000円前後、 中尾の取引価値だけは65000円前後となっています。 見分ける事が困難なので、秋田鍔銭を買取してもらう前に一度査定段階で鑑定をしてもらう事をおすすめします。

細倉当百の価値と買い取り価格

細倉当百
鋳造期間:1863年~(文久3年~)
古銭としての価値:高い
素材:鉛銭
幕末期の地方貨幣の一種であり、上下左右に【細倉當百】と打刻されているので判別する事も簡単です。
コレクター間では80000円以上で取引される高い価値のある古銭で、様々な古銭買取業者で積極的に買取を行っている貨幣ですので、 買取を検討する場合は複数社で相見積もりをとる事をおすすめします。

箱館通宝の価値と買い取り価格

箱館通宝
鋳造期間:1856年~(安政3年~)
古銭としての価値:ぼちぼちor高い
素材:鉄銭or銅銭
箱館通宝は幕末期の地方貨幣の一種。
子銭の取引価値は1000円程度ですが、母銭は50000円程で取引が行われます。 子銭は鉄銭で母銭は銅銭であることから見分ける事も容易ですので、買い取り前に確認しておきましょう。 (※画像は子銭です)

仙台通宝の価値と買い取り価格

仙台通宝
鋳造期間:1784年~1787(天明4年~天明7年)
古銭としての価値:ぼちぼちor高い
素材:鉄銭or銅銭
仙台通宝は幕末期の地方貨幣の一種であり、上記の函館通宝と説明内容はほとんど一緒です。
子銭の取引価値は1000円程度に対し、母銭は50000円程で取引が行われ、素材も子銭が鉄銭、母銭が銅銭です。 仙台通宝の買取を考える際には子銭か母銭かを確認しておきましょう(※画像は仙台通宝の子銭です)

宝永通寶の価値と買い取り価格

宝永通寶
鋳造期間~通用期間:1708年~1709年(宝永5年~宝永6年)
古銭としての価値:ぼちぼち
素材:銅銭
別名【大銭】とも呼ばれ、江戸時代に鋳造された十文銭の事です。
金銭計算に適しておらず、量目の低い銅銭であったことから、両替商から苦情が申し立てられるほど当時の評判は悪く、 僅か一年足らずで通用が停止されました。ですが、現在の取引価値は5000円前後と悪くなく、古銭買い取り業者に寄る買取も積極的な古銭です。

文久永寶の価値と買い取り価格

文久永寶
鋳造期間:1863年~1867年(文久3年~慶応3年)
古銭としての価値:ぼちぼち
素材:銅銭
幕末に流通した銭貨で、貨幣価値は4文として通用されていました。
【文久永寳】文字の書体が三種類に分けられ、それぞれ【真文】【草文】【略宝】と呼ばれています。 取引価値は一枚当たり1000円前後ですが、レアものでなければ文久永寳は買取価格はかなり落ちますので、極力相見積もりはとりましょう。

筑前通宝の価値と買い取り価格

筑前通宝
鋳造期間:???
古銭としての価値:非常に高い場合あり
素材:??
筑前通宝は詳細情報が分からないので取引価格についてご説明します。
筑前通宝は未使用であれば100万円を超える価格で取引される事もありますが、 取引価格がピンキリですので、これと言う価格が言いづらい為、 筑前通宝をお持ちであれば必ず複数の古銭買い取り業者に査定依頼をお願いしましょう!

盛岡銅山の価値と買い取り価格

盛岡銅山
鋳造期間:???
古銭としての価値:非常に高い場合あり
素材:??
盛岡銅山も上記の筑前通宝同様に詳細情報が分からないので取引価格についてご説明します。 が、筑前通宝と価値観や買い取り価格は似た条件であり、未使用であれば100万円を超える価格で取引される事もありますが、 取引・買い取り価格に幅がありますので、盛岡銅山も古銭買い取り業者に査定依頼をお願いしましょう!

水戸虎銭の価値と買い取り価格

水戸虎銭
鋳造期間:元治元年~
古銭としての価値:高い
素材:銅銭
水戸虎銭の裏面には虎?の絵が打刻されていますので簡単に見分けがつきます。 水戸虎銭は状態にもよりますが7万円前後で取引されます。
詳細な情報は少々分かりかねますが、状態にもよりますが古銭買い取り業者だと上記の半値ほどだと考えておきましょう。

【皇朝十二銭】皇朝十二銭の価値と概要を紹介

和同開珎の価値と買い取り価格

和同開珎
鋳造期間:708年~(和銅元年~)
古銭としての価値:非常に高い
素材:銅銭or銀銭
【和同開珎】と言えば穴銭の中でも最も知られている銭貨でしょう。
表面には「和同開珎」の文字が表記されており、裏面は無紋です。
非常にメジャーな古銭ですが、和同開珎の価値は非常に高く30万円前後で取引されています。 古銭買い取り業者も積極的に和同開珎を買い取りしている為、買い取り価格も非常に高額です。

万年通宝の価値と買い取り価格

万年通宝
鋳造期間:760年~765年(天平宝字4年~天平神護元年)
古銭としての価値:非常に高い
素材:青銅
和同開珎に代わる通貨として発行されたが、不評の為5年で鋳造が終了した古銭。
表面には「萬年通寳」の文字が表記されており、裏面は無紋です。
鋳造年数が短い事もあり、取引価格は15万円前後、状態が良いものは古銭買い取り業者もかなりの値段で買い取りを行っている古銭です。

神功開宝の価値と買い取り価格

神功開宝
鋳造期間:765年~(天平神護元年~)
古銭としての価値:高い
素材:青銅
五年で鋳造が終了した万年通宝に代わる通貨として発行された古銭。
表面には「神功開寳」の文字が表記されており、裏面は無紋です。
取引価格は85000円前後と古銭の中では高い部類ですが、皇朝十二銭の中では価値が最も低いです。
ですが、買い取りを考える際にもかなりの買取価格は期待できます。

隆平永寶の価値と買い取り価格

隆平永寶
鋳造期間:796年~(延暦15年~)
古銭としての価値:非常に高い
素材:青銅
皇朝十二銭の一つであり、表面に「隆平永寳」の文字が表記されており、裏面は無紋です。
取引価格は130000円前後と高くなっており、古銭買い取り業者も積極的に買い取りを行っている古銭ですので 見つけた場合は大切に保管しておきましょう。

冨壽神寶の価値と買い取り価格

冨壽神寶
鋳造期間:818年~(弘仁9年~)
古銭としての価値:非常に高い
素材:銅
皇朝十二銭の一つであり、読み方は【ふじゅしんぽう】と読みます。
表面に「富壽神寳」の文字が表記されており、裏面は無紋です。
この頃から銭の質が下がっていたため、鉛分が多くなっていますが、隆平永寶同様取引価格は130000円前後と安くはなく、 古銭買い取り業者にも高く売れる古銭です。

承和昌寶の価値と買い取り価格

承和昌寶
鋳造期間:835年~(承和2年~)
古銭としての価値:非常に高い
素材:銅
皇朝十二銭の一つであり、【じょうわしょうほう】と読みます。
表面に「承和昌寶」の文字が表記されており、裏面は無紋です。
元号を冠した日本最初の貨幣であり、取引価格は150000円前後と高額。
もちろん買取においても高価買取が期待できる貴重な古銭ですので、丁寧な保管が大切です。

長年大寶の価値と買い取り価格

長年大寶
鋳造期間:848年~(嘉祥元年~)
古銭としての価値:非常に高い
素材:銅
皇朝十二銭の一つであり、表面に「長年大寳」の文字が表記されており、裏面は無紋です。 皇朝十二銭の中でも価値はかなり高く、300000円前後とかなり高額で取引されます。
古銭買い取り業者による買い取り価格が高い事は言うまでもありませんが、 非常に貴重な古銭ですので丁重な保管が必要となります。

饒益神寶の価値と買い取り価格

饒益神寶
鋳造期間:859年~(貞観元年~)
古銭としての価値:極上に高い
素材:銅
皇朝十二銭の一つであり、「じょうえきしんぽう」と読みます。
皇朝十二銭の中でも最も希少性が高く、現存数はごく少数です。
価値は圧倒的に高く、180万円前後で取引されるほどの古銭です。
買取価格もずば抜けて高いので、饒益神寶の買い取りをお考えであれば厳重な保管と必ず相見積もりが必須です。

貞観永宝の価値と買い取り価格

貞観永宝
鋳造期間:870年~(貞観12年~)
古銭としての価値:非常に高い
素材:銅
皇朝十二銭の一つであり、「じょうがんえいほう」と読みます。
この頃から通貨の質が著しく悪くなり、貞観永宝に輪郭が完全なものはないとまで言われています。
ですが通貨の質が悪くとも価値は高く、18万円前後で取引されており、貞観永宝は買取価格も期待ができます。

寛平大寶の価値と買い取り価格

寛平大寶
鋳造期間:890年~(寛平2年~)
古銭としての価値:非常に高い
素材:銅
皇朝十二銭の一つであり、「かんぴょうたいほう」と読みます。
表面に「長年大寳」の文字が表記されており、裏面は無紋です。
取引価格は大体12万円前後と高額で、貞観永宝を積極的に高価買い取りしてくれる古銭買い取り業者も数多く存在します。

延喜通寶の価値と買い取り価格

延喜通寶
鋳造期間:907年~(延喜7年~)
古銭としての価値:高い
素材:銅
皇朝十二銭の一つであり、「えんぎつうほう」と読みます。
この時期の通貨が皇朝十二銭の中では最も質が悪いと言われており、銭文表記を読めるものすら少数です。 鋳造期間が長く、質が著しく悪い為、価値は90000円前後と皇朝十二銭の中では二番目に悪いです。
ですが、古銭の中では価値が高いので、買取価格は期待できます。

乾元大宝の価値と買い取り価格

乾元大宝
鋳造期間:958年~(天徳2年~)
古銭としての価値:非常に高い
素材:銅
最後の皇朝十二銭であり、「けんげんたいほう」と読みます。
延喜通寶程ではありませんが、通貨の質が基本的に悪く、銭文が読めないものも多くあります。 ですが、質が悪くとも価値は皇朝十二銭の中で饒益神寶次いでに高く、400000円前後で取引が行われます。
もちろん、古銭買い取りにおいても高価買取が狙える貴重な古銭です。

永楽通寶の価値と買い取り価格

永楽通寶
鋳造期間~通用期間:1411年~1608年(永楽9年~慶長13年)
古銭としての価値:ぼちぼち
素材:銅
室町時代に日明貿易にて大量にて中国から輸入された古銭であり、別名【永楽銭】。 明期中国で鋳造された古銭だが、主に貿易用の古銭である為、中国にはほとんど現存していないと言われています。
取引価格は大体1000円前後である事から、永楽通寶の買い取り価格は状態が良く大量でなければあまり値段はつかない古銭と言われています。

永楽通寶(銀銭)の価値と買い取り価格

永楽通寶
鋳造期間~通用期間:??
古銭としての価値:高い
素材:銀
永楽通寶には銀銭があり、通常の永楽通寶の価値は1000円前後ですが、永楽通寶銀銭の価値は7万前後と高額です。
古銭買い取り業者も銀銭は高価買い取り対象の古銭です。
また、永楽通寶の銀銭は種類があり、種類によっては更に高い価値がありますが、見分けが難しいので相見積もりをとって確認しましょう。

慶長通宝の価値と買い取り価格

慶長通宝
鋳造期間~通用期間:1606年~(慶長11年~)
古銭としての価値:まぁまぁ高い
素材:銅
江戸幕府によって発行された古銭であり、中央政府による鋳造貨幣としては平安時代ぶりの古銭。
表面の銭文は「慶長通寳」であり、裏面は無紋である。
取引価格は15000円前後であり、私の場合の買い取り価格は12000円で買取をしてもらいました。

平安通宝の価値と買い取り価格

平安通宝
鋳造期間~通用期間:??
古銭としての価値:まぁまぁ高い
素材:銅
平安通宝は鋳造時期や場所はいまだに明らかになっていない古銭です。
「平安通寳」の銭文が表記されているので見分けは簡単です。
価値は上記の慶長通宝と同じくらいで15000円前後で取引される事から、平安通宝の買い取り価格も同程度です。
状態が良い方が価値が高いなので、きちんと保管をしておきましょう。
  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者の買取プレミアムはこちら
ページ上部へスクロール